« April 2013 | Main | June 2013 »

第103回春季本部展覧会

行ってきましたsign03


光太が出場できるなんて~ビックリドキドキです。


でも、この日を目指して毎日歩く練習をしていたんですよ~confident


前日、シャンプー&コンデで綿菓子のような毛並みを整え、パットの毛を切り、爪も切り、ひげを切るのに大格闘


ママは汗ダクになりました。


夕方最後の特訓を済ませ準備万端ですscissors


当日はガラ空きの新幹線で優雅に出発です。bullettrain


途中、車掌さんにペットは下に置いて下さいと注意されましたが・・・wobbly


そごうの屋上に着いて、光太のおねえちゃんやおにいちゃんにも会えました。


Dscf0001


おにいちゃんのりゅうくんup


Dscf0003


おねえちゃんの心祢ちゃんと羽衣ちゃんup


Dscf0002


そして光太up


お写真苦手なママはこれしか撮れずcrying


桃ママさんに頂いたお写真をdown


Photo


光太、かっこいい?かっこいい?happy02


青いおリボンもらったのよgood


赤ちゃんなのにがんばった光太はとっても偉かったです!!


桃ママさん、りゅーくんのママさん、心祢ちゃんのママさん大変お世話になりました。


そして、こんな素晴らしいステージに立つことが出来る光太を譲ってくれた桃ママさんに感謝感謝です。


本当にありがとうございました。


次回も参加できるように光太磨きに励みます。


帰り・・・大宮で、光太の手荷物切符を買おうとしたら、駅員さんにそんな入れ物ではダメと怒られたsad


行きは何も言われなかったのに・・・一瞬帰れないかと思った・・・・


| | Comments (4)

クゥのお写真をさがしていたら、可愛い子を見つけたのでhappy01


001


002


009


2009.11.23 のお写真でした。


007


2009.12.20 のお写真でした。


Dscf0011


2011.11.1 のお写真  花赤ちゃんhappy02


007_2


2009.6.21 のお写真でした。


020


2009.1.3 このピカのお顔最高ですhappy02


004


2009.10.25 のお写真 可愛い菜々


031


きれいなクゥ 2007.6.17 のお写真です。


Dscf0021


2004.8.14 のお写真  ステキなお顔。


Dscf0008a


2003.4.5 若いな~。


クゥは15歳の半ばころまではそれは元気でした。

菜々は2009.9 急性白内障になり、それから右目の周りの毛が白くなりはじめてしまいました。

0055


最高に毛が伸びてた時、2011.9.3 のお写真 
汚すので切っちゃいましたcoldsweats01


今日は、光太のお写真はなしでした(^-^;


Dscf0015


ぶ~、ぼくも載せて~。

| | Comments (2)

さよならしました

2013.5.1   AM7:20  クゥが天に昇っていきました。


1997.1.2生まれ  16歳と4ケ月でした。


1月の下旬から闘病がはじまり、4月24日から非常に様態が悪くなりました。


29日.30日は水しか口に入れず、30日の夜、久しぶりに嘔吐したのを最後に水も飲まず


1日の早朝、お尻を汚していたので洗ってあげストーブで温めそっと寝かせておいたら


また嘔吐がはじまったので急いで抱きかかえると、膿のようなものを少し吐き苦しそうに大きく息を


2回・・・・・。


それきりでした。


30日の晩は、もう長くはないだろうと感じ、抱っこしていっぱいお話しました。


1日の最後の時も抱っこしていたのでよかった・・・。


夜中やお留守番の時に逝ってほしくなかったから。


その日のうちに火葬してもらいました。


箱に毛布を敷いて、おやつのクッキーやボウロを入れ、ネームプレートも入れました。


お出かけ用の服をかけ、母が作ってくれたパジャマもかけました。


庭の菜の花を積んでいれました。


箱ごとで、1.8キロしかなかったです。


最後の写真を撮る気持ちになるのかわからなかったのですが、


きちんとコームでといた毛はつやつやです。


とても安らかなお顔です。


写真を撮りました。


でも、載せるのは控えます。


若かった頃の可愛い写真を載せることにしました。


2003.10.12
Dscf0002


2005.6.19
Dscf0044


2009.8.15
005


2010.8.1
赤ちゃんみたいなお顔
008


シャンプーもトリミングも私がしていました。


生後45.日 350g 片手の手のひらに乗る小さな小さな赤ちゃんでした。


当時はデジカメなどなく写真もほとんどありません。


私がとても辛いとき、いつもそばにいてくれたのはクゥでした。


クゥは癲癇に苦しみ、膀胱結石の手術では傷がうまく閉じれない上に様態も悪く長く入院。


何度も具合が悪くなりました。


生後11か月から一日も欠かさず薬を飲みつづけました。


目も見えず耳も聞こえなくなって・・・・。


大事な大切なクウはとうとういなくなってしまいました。


いっぱい  いっぱい   ありがとね   クゥ


ママのもとにまた必ず帰ってきてね。


| | Comments (4)

« April 2013 | Main | June 2013 »